業務用エアコンは簡単に設置できます

業務用エアコンを設置するには、業者に依頼すると簡単に設置できます。東京の会社であれば、東京の設置業者に頼めば良いでしょう。

業務用エアコンと家庭用エアコンとの違いとは?

業務用と家庭用の用途が違うこと

業務用エアコンはオフィスや事務所のためのエアコンで、家庭用エアコンは家庭のためと用途が違うこと

冷暖房能力が違うこと

業務用エアコンは広い範囲の冷暖房を求められるため、家庭用エアコンよりも冷暖房能力が高くなっている

電源を取る方式が異なること

業務用エアコンの電源取得方式は、一般的に動力用の三相200Vを使用しているため家庭用と異なっている

室内機と室外機の数の違い

室外機と室内機の数が1対1なのが家庭用エアコンで、1対複数のタイプがあるのが業務用エアコンになります

長時間の連続運転に耐えられるかの違い

家庭用エアコンは長時間の連続運転に向いていないのに対して、業務用エアコンは連続運転に強いこと

用途に応じたエアコンを設置しよう

男性

東京の店舗や会社では業務用エアコンを使います。これはいくつかの種類があるので知っておきましょう。例えば天井に埋め込むタイプのカセット型があります。これは全方向に風を送ることができるので広い店内などに業務用エアコンを設置したいときに便利です。またデザイン性に優れているのでインテリアを崩してしまう心配がありません。壁掛け型は家庭用のエアコン同様に設置します。設置が簡単かつメンテナンスも容易なのがメリットです。事務所などに設置するのなら壁掛け型がお得でしょう。床置き型はエアコンを床に置きます。特に足元に送風したいときなどに活躍するでしょう。金額については通常のエアコンよりもかなり安く導入できます。なるべくコストを抑えたいときに便利です。

環境に応じたものを選ぼう

エアコン

業務用エアコンは形状から性能まで商品によりかなり違いがあります。基本的に業務用エアコンを東京の店舗や会社に設置するときは、設置場所を考慮して選定するのが大事です。例えば普通のエアコンが設置できない場所や、邪魔になりそうなときは天井に埋め込むタイプのものがおすすめでしょう。冷蔵庫などの冷えるものがある職場は大きめで能力の高いエアコンを選ぶのが良いです。冷えにくい場所だと熱原量ではなくサイズが大きなエアコンを選択します。

特に室内の広さに気をつけて選ぼう

業務用エアコン

東京の店舗に業務用エアコンを設置するときにはコストに気をつけないといけません。基本的に業務用エアコンは室内の広さにマッチするものを選択しないと余計なコストを食ってしまうので注意が必要です。例えば狭い部屋なのに大きなエアコンを購入しても過剰に風量が出てしまうので気をつける必要があります。販売されているエアコンは対応する範囲が決まっているので確認をしてから購入するのが無難です。逆に広い部屋に小さいエアコンを購入しても部屋全体に風が行き渡らないので意味がありません。

広告募集中